年に数回のボーナス支給や定期昇給があるところがおすすめ

安定性のある工場で働きたい人は、求職中に各地の評判が良い工場の求人票に目を通して、月収や手当の種類、金額だけでなく、ボーナスの支給回数を確認することが大切です。特に、年に二回や三回のボーナスの支給実績があるところや、一回あたりのボーナスの支給金額が高めのところは、将来性のある職場として多くの求職中の人から注目が集まっています。また、正社員として工場勤務をしたい人は、仕事へのモチベーション維持の観点からも年1回の定期昇給があるか確認しておきましょう。なお、大手や中小の優良な会社の中には、工場勤務の正社員のボーナスや定期昇給について採用サイトや資料に公開しているところもあるため、採用試験に向けて情報収集をしましょう。

工場のスタッフの平均勤続年数や離職率にも注目

一つの工場で定年まで働き続けたい人は、求人に応募をする前に気になる工場のスタッフの平均勤続年数や離職率を必ずチェックすることが重要です。例えば、雇用形態によらずスタッフの年収が高めのところや、職場環境や人間関係が良いところは、ベテランのスタッフの活躍が目立ちます。また、若手の早期離職が少ない工場では、不安なく業務に臨めるように、入社後に丁寧な個別研修が行われたり、マニュアルを用いた指導をしたりしているところが珍しくありません。その他、スタッフが定着しやすい環境かどうか見極めるうえで、可能であれば工場見学を希望したり、長く働いているスタッフに直接仕事のやりがいや楽しさなどを聞いてみたりするのもおすすめです。